CSとCSOの違い

CS1.6とCSOはどう違うのか?

Counter-Strike Online(以下CSO)でCS1.6というゲームを知ってCS1.6をはじめる人も多いようです。
ここではCS1.6とCSOはどう違うのか説明したいと思います。

CS1.6でできること

CS1.6で出来てCSOで出来ないことを大まかにまとめるとこんな感じです。
・クレジットが存在しないので武器を維持をしなくて済む
・課金武器などもないので一度購入すればその後一切の課金は不要
・Latencyの低いサーバーに接続すればCSOに比べてかなり快適にプレイ出来る
・クライアント自体が軽いのでCSOに比べてかなり快適にプレイ出来る
・コンソール(config)設定が細かく変更出来るのでかなり快適にプレイ出来る
・チーターがいてもサーバー側でBAN、更にSteam側でBAN(VACBAN)してくれてCS1.6をプレイ出来なくなる
・課金キャラが無い代わりに、いろいろなキャラスキンを入れることが出来るし作ることも出来る
・課金武器が無い代わりに、武器にいろいろなスキンを入れることが出来るし作ることも出来る
・スプレーもいろいろなスプレーを入れることができるし、好きな画像でスプレーを作ることが出来る
・MAPもいろいろいれることができるし自分で作ることも出来る
・ゾンビやサッカーだけでなく様々なモードのMODを入れて遊ぶことが出来る
・海外のプロチームのdemoを再生することが出来る

サーバーが軽かったり、細かい設定が出来るので快適にプレイ出来るのが大きなメリットの一つです。
CSOでは弾が真っ直ぐ飛ばないとかラグが酷いとかそういう話を聞きますが、
CS1.6では国内のサーバーに接続すればLatencyは高くても40前後なのでAKなどはしっかり3発目まで真っ直ぐ飛んでくれます。
他にも10年前のゲームでアップデートが無い代わりに様々なスキンやMODを入れることが出来るので、
自分の好きなようにいじって遊ぶことも出来ます。

CSOでできること

CSOで出来てCS1.6で出来ないことを大まかにまとめるとこんな感じです。
・サーバーを用意しなくて良いので誰でも気軽にマルチプレイ出来る
・いちいち設定しなくていいのでインストールしたらすぐにはじめられる
・BOTが最初から導入されているのでいちいち自分で導入する必要がない
・課金武器などを購入すれば使える武器が増える
・MODやMAPなど追加要素は勝手にアップデートされる
・クランシステムがあるので気軽にチームを作れる
・ロビーチャットなどで簡単にコミュニケーションが取れる
・チュートリアルがあるので初心者でも最低限の動きはわかる

無料系FPSということで初心者に優しいユーザーインターフェイスにはなっています。
チュートリアルもあるのでCSOが初めてでもキーボードとマウスの操作に慣れることもできますし、基礎的な動きも知ることが出来ます。
クランシステムで簡単にクランを作ることが出来るしロビーチャットで簡単にコミュニケーションを取れるのも楽です

どっちが良いの?

初心者でも設定がいらずサーバーも用意せずに遊べるCSOの方がかなり敷居が低いです。
外部のSNSやゲームコミュニティサイトやIRCを使わなくてもクランに入れたりフレンドを作れるのもかなり便利な機能です。
CS1.6ではそういうのは全て自分で設定したり用意しなければいけないので、とても面倒に感じると思います。
ただCS1.6は細かい設定ができる上に、Latencyの低い日本のサーバーに接続すればとても軽く快適にプレイすることが出来ます。


  • 最終更新:2012-08-03 20:44:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード