練習用MODを入れよう

練習用MODとは?

練習用MODとはCSの練習のために弾や投げ物を無限にするMODです。
壁抜きや投げ物の練習をするときに便利なのでCSの操作に慣れたら使ってみましょう。

練習用MODの導入

1)準備
練習用MODはBOTと一緒に使うことが出来ません。
ただ練習用MODで練習するたびにbotデータを消したりするのは面倒なので
練習用MODのcstrikeとbot撃ちのcstrikeの2つを作りましょう。
まずbotを導入しているcstrikeをデスクトップなどの別の場所に移動させます。
mod02[1].jpg
移動させたあとにCSを起動すると新しいcstrikeが作成されます。
そこにbot用cstrikeの中にあるuserconfigとconfig、それに必要に合わせてmapやskinsをコピーして移しましょう。
mod01.JPG

このようにして分かりやすい名前にして別けておくと便利です。
bot撃ちをするときだけbot撃ち用のcstrikeにして練習用MODを使うときは練習用MODのcstrikeだけ入れ替えればOKです。

2)ファイルのダウンロード
ここから練習用MODをダウンロードして下さい。

3)練習用MODの導入
ダウンロードしたファイルを解凍して先ほど新しく作成されたcstrikeに上書きします。
bot用のcstrikeに上書きしても機能しないので注意してください。

練習用MODの使い方

CSを起動してNewGameで練習したいMAPを選んでスタート。
次にコンソールを開いて
amx_resource
と打てば弾が無限になります。
もし弾が無限にならずコンソール画面に
Unknown command:resource
と出てしまった人は次の方法を試しましょう。

AMX練習サーバーを立てる

AMXサーバーを自分で立ててそこにLANで接続して練習用MODを使う方法があります。
もし上記の方法で練習用MODが使用出来なかった場合はこちらの方法を試してみてください。

AMX鯖の立て方

1)ファイルをダウンロードする

ダウンロードしたファイル1を解凍したらHLServerフォルダをローカルディスク(ドライブCなど)に移動して
同じく解凍したファイル2のcstrikeフォルダをその中にいれます。

2)導入
解凍したフォルダの中にあるHlds.exeをダブルクリックで起動。
プレイするMAPなどのゲームの設定をします。
RCON_PasswordはMODの設定をするときに使うので111など分かりやすいものにしておきましょう。
設定が終わったら[Start Server]をクリック。
hlds01.JPG
起動に成功すればこの画面が出ます。
hlds02.JPG

3)サーバーに接続する
CSを起動したらFindServersをクリックしてLANのタブを開きます。
2でサーバーをちゃんと立てていればそこに自分の立てたサーバーが表示されているはずなので接続しましょう。
hlds03.JPG

4)使用方法
あとはサーバーに接続した状態でコンソールに
rcon_password 111と入れたあとに
amx_resource
と打てば弾無限状態になります。

  • 最終更新:2012-08-01 20:22:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード